トップページ > 帰化申請手続きの流れ

帰化申請手続きの流れ

帰化申請手続きの流れを解説

外国人の人が日本の国籍を取得し、日本人になることを「帰化」といいます。日本人になるということは、国籍が日本になるのでパスポートを発行する際も日本のものを取得できるようになります。

 

仕事に関しても、日本人になったことになるので仕事に関する制限がなくなります。選挙に立候補することも出来るようになりますし、公務員になることも可能となります。

 

年金などの制度も受けることができるようになり、在留資格などいわゆるビザの発行といった更新しなければならない手続きからも解放されることとなります。

しかし、帰化というものは、その場でパッと簡単にできるものではありません。帰化するためには「帰化申請」というものを出さなければならないのです。

 

自分で帰化申請する時にどういった流れになるのかをこれから解説していきます。

 

 

ステップ1 法務局に事前相談の予約

まず、帰化申請を出すためには法務局に連絡し帰化したい旨を伝え、事前相談の予約をます。

 

日本に住んでいるのであれば、その自分の住んでいる地域を担当している法務局または地方法務局に連絡します。そうではなく、外国に住んでいる場合であればその国におかれている日本の大使館または領事館に連絡を取りましょう。

 

この際、持参すべき書類を聞いておくとよいでしょう。手続きをしようとして、当日にこの書類がない!と慌てなくてよくなります。ここで言われた書類などを持参して、予約をした日時に指定された場所へ向かいます。

 

相談日までに親族関係の把握、現在の生活状況(現在の職業や収入など)、過去に何か違反や事故を起こしているか、というこれらのことを把握しておくとこのあとの申請がスムーズに進みます。

 

 

ステップ2 法務局に相談に行く

予約した相談にいくと、今度は帰化申請に関する説明を詳しく受けることになります。そして、帰化することに関して問題がないと判断されると申請に関する手引書と、必要な書類の一覧を提示されます。

 

 

ステップ3 書類の作成や収集

次に申請に必要な書類の作成に入っていきます。様々な書類に記入をしたり、収集をしなくてはなりません。

 

必要になる書類は、帰化許可申請書(写真が必要です)・親族の概要を記載した書類・帰化の動機書・履歴書・生計の概要を記載した書類・事業の概要を記載した書類・住民票の写し・国籍を証明する書類・親族関係を証明する書類・納税を証明する書類・収入を証明する書類・在留歴を証する書類、主にこれらの書類です。

 

国籍や身分関係、職業によって必要になる書類が変わって来るので、これは相談の際に詳しく聞いておきましょう。

 

帰化許可申請書など、この中で記入を行う必要がある書類にはそれを行いましょう。そして、役所などに申請して取り寄せなければならない書類はその手続きを行い、収集していきます。

 

 

ステップ4 法務局に書類の提出

必要な書類がすべてそろったら、法務局にそれらを提出します。この申請をするのは本人しか行えないようになっているので、注意しましょう。代理人による申請はできません。

しかし、15歳未満の場合であれば法定代理人(親権者や後見人など)によっての代理申請が認められています。

 

 

ステップ5 法務局で提出された書類のチェック

書類の提出が終わったら、法務局で提出された書類に不備がないかの調査を行っていきます。この際、書類が不備を指摘されたり、もう少し詳しいものがほしいと言われるなどして追加の書類が必要になる場合があります。

その場合は、指定された書類を追加で提出します。自身で帰化申請する場合は、だいたいの方が初めてなので一度のチェックでOKにはならないことがほとんどです。

 

 

ステップ6 面接

法務局から連絡があるので、相談の時と同じように指定されて日時と場所に行きます。そこで提出した書類に関しての質問やそれに対する受け答えを行います。

これらの面談と調査が終わり、問題なしと判断されると法務局から日本人への帰化が許可されます。(法務大臣決裁と言います)

 

 

ステップ7 官報告示

官報告示で帰化が許可された旨が正式に発表されるので、これをしっかり確認しましょう。官報に関しては、書面での発行だけでなく現在ではインターネットでも確認できるようになっています。

 

 

ステップ8 外国人登録証明書の返納

これを受けたら、今度は外国人登録証明書の返納手続きへと入っていきます。

日本国籍を得たことにより、外国人ではなくなるので外国人登録証明書は必要なくなります。なので、これを自分の住んでいる市区町村の役所にこれを返納する手続きをしなくてはなりません。

 

ステップ9 帰化届の提出

登録証明書の返納が終わったら、最後に帰化届を出します。これは返納手続きの場合と同じように、自分の住んでいる市区町村の役所で行います。

 

帰化を許可する告示が行われてから、1カ月以内に手続きをしましょう。この際、専用書類への記入が必要となるので、これに記入して提出をします。

 

この書類の提出は前述の帰化申請に必要なものの場合とは違い、代理人でも提出が可能です。書類への記入と押印は本人が行わなければなりませんが、そこをしっかりしておけば問題はありません。

 

この帰化届が受理されれば、日本の戸籍への編入が行われます。正式に日本国籍を取得したことになり、日本人になることになります。これによって帰化の申請は終了です。

 

 

以上が、帰化申請の流れとなります。

無料診断受付中

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて