トップページ > 帰化申請手続きのポイント

帰化申請手続きのポイント

帰化申請手続きのポイントについて

帰化申請をするとさまざまなメリットを享受できます。そのメリットとして挙げられているのが、出入国が自由になって、再入国許可を取る必要がなくなるという点や、日本人と同じように選挙権や被選挙権を取ることができるという点などが挙げられます。

 

また、日本のパスポートを取得できるようになり、日本の社会保障や教育などにおいて日本人と同等の権利をもつことができるといった利点があります。

 

そのため、年金制度に加入し、健康保険制度を活用できたり、教育や福祉などの面でも日本人と同等の権利が得られるようになります。他にも様々な利点が得られるようになります。

 

では、帰化申請をする時のポイントはどのようなことが挙げられるでしょうか。申請しても審査で申請が通らない場合もあるといわれており、申請する時には申請のポイントを押さえておくことが大切だといわれているのです。

 

まず、帰化申請を行う場合、その手続きの流れに合わせてポイントを押さえるようにしましょう。

以下で手続きをする中で気を付けるべきポイントを解説します。

 

 

申請は申請者本人がしなければならない

まず、帰化の申請は法定代理人以外の代理人による申請はできないため、本人が申請をするということが挙げられます。親や子ども、夫婦であってもその人の代わりに申請するということはできないとされています。

というのは帰化の申請はその人の国籍の変更を伴う重要なものであるため、その人本人の意思が大切と考えられているからなのです。

 

 

申請先がどの法務局を把握し、そこの決まりを確認しておく

この申請は定められた申請先に行うということが大切です。申請を行う時には、申請者が住んでいる住所のある地域を管轄している法務局の国籍課か戸籍課・国籍事務が扱われている支局の窓口で行う必要があります。

 

そして、申請先を確認し、電話をかけて事前相談のための予約をとりましょう。

 

事前相談ではそれぞれの申請者の事情に応じ、必要となる書類などが示されるため、その内容も基づき、申請する人が必要書類を集めたり、作成したりして申請先に提出するというようになっているのです。

 

また、事前相談予約が不要になっている法務局もありますので、自身が申請しようとするところがどのようになっているのかを確認しておくと言うことが大切です。

 

 

帰化許可申請書の申請年月日は空欄にしておく

申請をする日における注意も示されています。申請では帰化許可申請書の提出が必要とされていますが、この書類の申請年月日や、申請者か法定代理人の署名、宣誓書の署名は空欄にしておいて受付してもらった時に記載するようになっています。

そのため、事前にサインをしたり、これらの欄に日にちを書き込んだりしないようにしておくことがポイントです。

 

 

原本は必ず持参する

提出書類については、写しを提出する場合も、原本と照らし合わせるということが必要とされているため、原本は必ず持っていくようにするということもポイントです。

 

申請書を提出する場合には、必ず申請をする本人が法務局を訪れて書類提出を行うようにします。書類を提出したら、面接などが実施されます。

 

その面接は他の日などに改めて行われることもあり、家庭訪問などを受けることもあるため、その場合は予定を空けておくようにします。

 

 

事前確認を怠らない

申請を行う法務局によっては書類を提出する前に、一度法務局を訪れて説明をすることが必要なケースなどもあるといわれていますので、この点は事前に確認しておくようにしましょう。

 

 

小学生レベルの日本語能力

帰化のための申請面談が行われる場合には、日本語能力なども審査の対象項目になっています。基本的には小学生レベルの日本語能力があれば、あまり心配ないといえます。

 

日本語テストが行われるということになった場合、漢字やひらがな・カタカナの文を書毛たり、日常生活で困らない会話ができるといった点などが見られるといえます。

 

これはとても重要なポイントといわれ、このテストで認められない場合先に進めないといわれているのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?上記のポイントを含め、申請を申請者自身だけで行うといった場合にはいろいろと気を付けることなども多くあります。

 

帰化申請は必要書類も膨大で申請の準備には多大なストレスがかかりますが、それを乗り越えさえすれば帰化の許可を得ることができます。

 

どうしても時間が取れないという方は、帰化専門の行政書士に依頼することで帰化の申請をサポートしてもらうというのも1つの方法です。

 

その場合には、申請前に行われる事前相談や必要な書類収集や書類作成などを行ってもらえたり、助言なども受けられるため、申請の負担をかなり減らせるといったメリットがあります。

無料診断受付中

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて