トップページ > 帰化申請は難しいのか?

帰化申請は難しいのか?

帰化申請は難しい?

すでに多くの移民が仕事を求めて日本にやってきており、その中で移民の人達が将来的に日本国籍を取得したいと考えている人はとても多いです。

 

しかしながら、帰化申請に関して日本は高いハードルを設けており、実際には帰化をして日本国籍を取得することは難しいことであると言われています。

 

 

帰化申請が難しい4つの理由

帰化申請手続きがなぜ難しいのか?

それは以下4つの理由があるからです。

 

審査に時間がかかる

日本国籍の取得に関してですが、まず、日本に5年以上滞在する必要があります。その上で法務大臣の許可を得て必要書類を提出し、審査を受ける必要があります。この審査がとても厄介なもので、審査には10カ月から1年、長いとそれ以上かかる場合があるのです。

 

虚偽の申告をする人がいる

帰化をするための申請が難しいと言われる背景には、虚偽の申告をする人が多いことも関係しています。

 

日本のパスポートは世界で最も信頼されていると言われていることから、日本国籍が喉から手が出るほど欲しいという外国人も少なくありません。そのため、虚偽の申告をする人が後を絶たないのです。

 

最近では移民の増加により、法務局も日本国籍の取得を希望する人たちに対しては厳しく目を光らせています。不法な手続きによって日本国籍を取得しようとする外国人が相次いでいることもあり、帰化の申請は年々厳しくなっていると言われているのです。

 

ただ、これは違法な手続きや嘘の申告をすることで日本の国籍を取得しようとする人に対して、法務省は厳しい姿勢をとっているのであり、正当な手続きを踏んで日本の国籍を取得する人に対してはきちんと門扉が開かれているのです。

 

法務局では、偽装結婚や嘘の申告、不法な手続きによる国籍の取得に対しては目を光らせています。

 

自力で帰化申請しようとする方が多い

自力で帰化申請手続きをしようとする人が多いので、書類の不備が非常に多いです。もちろん、書類をきちんと揃え、きちんと作成することができれば、日本国籍の取得はそれほど難しいわけではないのです。

 

ただ、この書類をしっかりと整えて提出するということが実に骨の折れる作業で、非常に難しいということは言うまでもありません。

 

非常に面倒な手続き

まず、本国からいくつか書類を取得して揃えなければならない場合があります。本国とのやり取りが必要になるので、その手続を地道に行う必要があるのです。

 

本国との連絡を取りながら、必要な書類を地道に一つずつ揃えていく必要があるので、とても気の遠くなる手続きであることは事実です。

 

そして、帰化申請に関しては面接が必要になるので、その面接を受けたり書類を提出するために予約をとって法務局に足を運ぶことが求められます。その手続きに関しては土日は営業していないので、全て平日の営業時間内に行わなければなりません。

 

仕事をしている人はその都度休みをとって法務局に出向かなければならないので、それはとても骨の折れる手続きと言わざるを得ないのです。

 

法務局での面接などは代理人を立てることができないので、時間を作って法務局に足を運ばなければならないため、結局労力と時間がかかってしまうシステムになっているのです。

 

ここまで苦労して日本国籍を取得する価値は十分にあるとはいえ、途中で投げ出してしまったり、嘘の書類でごまかそうとする人が多いのも事実であります。

 

 

帰化申請手続きは専門家に依頼するべき?

帰化申請手続きに関して、自分で行う人もいますが、そういった場合は書類の不備などが多いことから審査が通らない確率が高いと言われています。帰化申請の途中で断念してしまう方も非常に多いです。

 

帰化申請を行う際には、行政書士など専門家のサポートを受けて申請する方が審査が通りやすいです。初めから専門家に依頼するか、自分で帰化申請手続きするかでその労力とかかる時間が大きく異なってきます。

 

専門家である行政書士などに依頼する場合には、多くの書類は専門家が集めてくれるため、任せておけば問題ありません。書類の作成についても専門家が作成するので、あまりすることはないでしょう。

 

ただ、面接に関しては自分で申請する場合であっても専門家を通じて申請する場合であっても同様に時間を作って面接を受けなければならないことには変わりはありません。

 

それでも、専門家に依頼した場合、書類はしっかりと揃えてくれ、なおかつ面接に関するアドバイスを受けることができるため、問題さえなければ普通に面接の審査をパスすることができます。

 

しかしながら、自分で帰化申請の手続きをする場合には、膨大な書類を自分で揃えて膨大な書類を自分で作成しなければなりません。書類に不備がある場合には面接にこぎつけることができないので、そこまでにかなりの労力と時間が必要となります。

 

面接に関しても事前に相談の予約を入れなければならず、それを平日に行わなければなりません。このような理由から、特に自分で帰化申請手続きをする場合においては、かなり難しいと言えるのです。

 

帰化申請手続きをする時には、帰化の専門家である行政書士に依頼することをお勧めします。

無料診断受付中

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて