トップページ > 帰化すると元の国籍はどうなるのか?

帰化すると元の国籍はどうなるのか?

帰化すると元の国籍はどうなる?

帰化をすることにより、元の国籍はどういう取扱になるのでしょうか?

ここではわかりやすく日本国籍へ帰化した場合、母国の国籍の取り扱いがどうなるかについて解説していきます。

 

 

日本は二重国籍を認めていない

まず、日本の国籍法においては二重国籍を認めていません。そのため、日本に帰化する場合においては元の国籍を失うことが要件になるのです。元の国籍も日本国籍も両方保持したいという場合には、日本国籍を取得することはできないのでその旨を理解しておく必要があります。

 

国籍法四条では、「日本国民でない者は、帰化によって日本の国籍を取得することができる」とあり、その国籍の取得に際しては法務大臣の許可が必要になります。

 

つまり、国籍法の手続きに則って日本国籍を取得することができるのです。これは全て本人の自由意志に基づいて手続きを取ることが可能であり、何人も日本国籍の取得を矯正されるものではありません。よって、外国人が要件を満たせば誰でも自由に日本国籍を取得することが法律で認められているのです。

 

さらに、国籍法五条においては、いくつか要件があり、その要件を満たさない場合には日本国籍の取得要件を満たしていることにはならず、結果として日本国籍を取得することができないとあります。

 

特に注目したいのが国籍法五条五項にある、「国籍を有せず、又は日本国籍の取得によってその国籍を失うべきこと」です。これが母国の国籍を喪失していることが、日本国籍を取得するための要件となるのです。

 

つまり、日本国籍の取得に当たっては、これが喪失要件となり、これを含むいくつかの要件を満たして初めて日本国籍取得の要件を満たすことに繋がります。

 

 

母国が二重国籍を認めている場合

問題となるのは、母国の国籍からの離脱をせずに日本国籍を取得することができる国に関してです。二重国籍は日本では認められていませんが、海外では一定条件下で二重国籍を認めている数多くの国があります。

 

二重国籍を認めている国も多いことから、離脱の際にはしばしば問題になることもあります。

 

しかし、基本的に日本国籍を取得する場合にはそれら海外の国籍から離脱し、喪失要件を満たさなければ日本国籍を取得することはできないとされています。

 

二重国籍を認めている国

韓国、台湾、フィリピン、オーストラリア、フィジー、サモア、ニュージーランド、バヌアツ、アメリカ合衆国、ロシア、カナダ、ドミニカ、メキシコ、エクアドル、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、アイルランド、ノルウェー、ベラルーシ、エストニア、ブルガリア、グリーンランド、モナコ、モルドバ、スロバキア、ウクライナ、ボスニアヘルツェゴビナ、サンマリノ、アゼルバイジャン、デンマーク、オランダ、オーストリア、アンドラ、スペイン、ドイツ、南アフリカ共和国、エジプト、エリトリアなど

 

 

国籍選択制度

日本では、国籍取得に関しては血統主義を採用しています。つまり、親のどちらかの国籍が子の国籍となる制度が取られています。

 

例外として、こうした複数の国籍を有する者に関しては、国籍選択制度を設けており、一種の猶予期間が設けられていると考えられているのです。22歳に達する前に複数の国籍の中からいずれかの国籍を選択する必要があります。

 

例えば、両親が日本人のもとアメリカで生まれた者は、生地主義と血統主義に基づいて日本国籍とアメリカ国籍を同時に取得することが可能です。

 

しかしながら、日本は二重国籍を認めていないことから、22歳になるまでにどちらかの国籍を選択しなければならないという制度が設けられているのです。これが国籍選択制度であります。

 

通常であれば、22歳までに自分の国籍を選択して国に報告しなければならない義務を負います。日本は二重国籍を認めていないので、いずれかの国籍を選択する義務が生じるのです。

 

 

まとめ

日本は基本的に二重国籍を認めていないので、帰化すると元の国籍を失う必要があります。

帰化する方は、「母国の国籍を失ってもよいのか?」そこのところをしっかり考えて結論を出すようにしましょう。

無料診断受付中

サイト運営者

サイト運営者

このサイトについて

このサイトについて